キーボードを使いながら食べるのにもっとも向いていない食品とは

from morguefile.com

オーストラリアの記事です。
The worst foods to eat over a keyboard
以下そのリスト。

  • 全粒米
  • 極細パスタ
  • ひまわりの種(殻付き)
  • Rice Bubbles (with or without milk)
    • ポン菓子*1みたいなやつですね。チョコレートコーティングしたスナックなども見かけます。ケロッグこんな製品とか(オーストラリア)。ニュージーランドケロッグでRice Bubblesに不良品が出て回収騒ぎっていうニュースもありましたっけ。あのあたりのひとたちはRice Bubbles好き?
  • ジャム
  • フレークバー
    • 薄いチョコレート片でできたバー、だと思います。食べるときにぼろぼろ細かいカス(薄片)が落ちる。

詳しくはリンク先をどうぞ。
ポテトチップスがないのは、そんなの食べながらキーボード打つやついないよ、ということなのでしょうか。


日本だとなんだろう。


日本の場合。

  • きな粉がついた和菓子の類。



思いつかないので終了。

おまけ。

同じページで紹介されていたリンク。
食器洗い機でキーボードを洗う方法
写真つきで説明。猫の毛が……。
要はバラして、外側(前と後ろ)とキー部分だけを食器洗い機に入れろと。


吉田戦車のまんがで、「ビデオデッキの蓋をとって納豆を入れる」ってのがあったのを思い出した。

*1:若いひとは知らないと思いますが、昔の日本人はこれを主食にしていたのです。普通の米のように炊く必要もなく、また保存が効くので軍隊でも「軍ポン」と呼ばれて携帯されていました。

わたしは全然「断固Mac派」ではない。

iBookについて書くとき、「ノートPC」と書くときがあります*1
機種はどうでもいいという話のときなどはそういうふうに書くのですが、なんとなくMacユーザーからは
「裏切りもの」
と言われている気がするし、Windowsユーザーからは
MacはPCじゃねえ」
と言われている気がして、あまり居心地がよくないのです。


言っておきますが、わたしは全然「断固Mac派」ではありません。
WindowsPCだって、キーボードからWindowsキーがなくなって、MacOS Xが動くのであれば、ほとんど躊躇せずに購入リストに入れるだろうし、そうなればWindowsXPがまともに動かないとしても文句を言ったりしないと思うし、「I lOVE WINDOWS.」のステッカーを靴底に貼るのはやめて、同じ文句を書いたドアマットを玄関に置くようにするかもしれません。
たぶん誘われたらビル・ゲイツと昼食を共にすることも厭わないんじゃないかな。


つまりどういうことかというと、
OS Xさえ動けば、Macなんてマジどうだっていいよ!」
ってことなんですね。




まぁあとは見た目で選ぶんですが。

*1:ThinkPadを使っているときもそう書きますが。

CSSぐだぐだの巻

WindowsXPIEで見たら、CSSで作ったボタンも日付の青+オレンジのところも、ごねーと崩れてるなあ。WindowsXPFirefoxだときれいなもんだけど。あとバナーとかも思いっきりずれてる。
Safariだと行間が詰まってるけど、まぁなんとか。という感じだけど。


まあいいか、読めないわけじゃないし。
画像がずれて気になるひとはFirefoxを入れてadblockしてください(←意味のない対処法)。