はてな引っ越すバルサミコ酢

ハチミツで巡回したら、『ハチミツとクローバー』の新刊の話ばかりだったので。

  • キーワード「バルサミコ酢」を最近使ったかたがいなかったので、ゴールデンウィーク前まで遡りました。
  • 遡るのはだいたい三日ぐらいまで、ということにはしているんですが、いつでも例外はあります。
  • マックシェイクの抹茶はちょっと……という話題をあちこちで見かけました。キャンペーンやってるみたいです。
  • あと、風邪をひかれているかたをちらほら見かけました。週間天気予報などで気温の差がおおきくなりそうな場合は、あらかじめ食事などで予防をするといいかも。
  • ところでハチミツのキーワード解説はすごいですね。

バルサミコ酢 ウィキペディア (Wikipedia)

アチェート・バルサミコ・トラディツィオーネ(伝統的なバルサミコ酢)は最低12年の熟成や原料のブドウの種類が法律で義務づけられている。モデナの物が有名でDOP指定となっている。

○ベリッシモ:D.O.P.とは:(http://www.bellissimo.jp/bellissimo/dop.html

 そもそも、この聞き慣れない「D.O.P.」っていう言葉、何の略??
 イタリア語で書くと、"Denominazione di Origine Protetta"の頭文字。
 「デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・プロテッタ」舌噛みそう・・。
 日本語では「保護指定原産地呼称」と呼ばれているのです。

○Monte-net:イタリア食材/バルサミコ酢・ワインヴィネガー/Adriano Grosoli & Franco Fabbi:
http://www.montebussan.co.jp/foods/sp_200105.html

一般のワインヴィネガーがワインを酢酸発酵させたものであるのに対し、アチェート・バルサミコはブドウ液を煮詰めたもの(モストコットという)を原料として酢酸発酵させたものです。
モストコットは滓を取り除かれ樽に移されてから1〜2年静置し、それから古い年代のワインヴィネガーを加え酢酸発酵をさせていきます。一年ごとの樽の移し替えを行い、できあがったものがアチェート・バルサミコです。

バルサミコ酢をどういうふうに使うか、という参考のために、Googleの結果からちょっと目についたレシピ(の一部)をざっと。

いろいろあります。まんまコピーなので、気になるかたはコピーしてググってください(←手抜き)。