ゼロからはじめるお好み焼き

人力検索から。

関西風お好み焼きを美味しく作るコツを伝授してください。
当方、関東人。1からというより0から教えてください。
注、広島風はお断りします。
http://www.hatena.ne.jp/1111794482


ゼロから教えましょう。

用意するべきもの。

  • 年間降水量が500mm以上の土地(国内であればだいたいどこでも可能)を用意します。
  • 10平米で2〜4kgの小麦が収穫可能らしいので、100平米もあれば一人あたりの年間消費量をカバーできそうです。
  • 小麦はタンパク質のすくない、軟質冬小麦を栽培します。
  • 薄力粉専用品種は国内にないので、アメリカの銘柄W.W.(western white、ダブダブ)を使用。
  • 島風にする場合はさらに硬質赤色冬小麦(H.R.W.)のための土地が必要です。
  • 種は秋にまきます。
  • 収穫した小麦から小麦粉を製造するために以下の設備が必要になります。収穫が終わる来年の夏までに準備しましょう。
    • 原料タンク
    • 原料精製機(小麦に混じるきょう雑物を完全に取り除きます)
    • 調湿タンク(小麦に少量の水を加えて粉砕しやすくします)
    • ロール機(小麦を粉砕します。粉砕されたものはふるいにかけ、さらに別のロール機にかけられます)
    • ふるい機(粉砕した小麦を粉とふすまにふるい分けます)
    • ピュリファイアー(粉砕した小麦の胚乳部を振動ふるいと風力で純化します)
    • 粉サイロ
  • 以上の設備を購入あるいは利用できない場合は、業務用製粉機もしくは石臼などを購入するという方法もあります。
  • 小麦を育てる土地の一部でキャベツ(寒玉)を育てましょう。
  • 豚玉を希望する場合は、そのそばに豚小屋を作ります。
    • 関東の場合、豚は暑さに強く育てやすいデュロック種がいいかもしれません。
  • 鰹漁のための船は50トン程度でいいでしょう。一隻用意します。
    • 鰹節の製造には半年ほどかかるので、すぐに漁に出かけます。
  • 昆布漁のために、さらに小型の船を用意します。
  • ベーキングパウダーには重曹、酒石酸、クエン酸、第1リン酸カルシウム、ピロリン酸カルシウム、グルコノデルタラクトン、フマル酸などが必要となります。市販品を買いましょう。
  • 塩は甘みのあるモンゴルの岩塩を使います。まずモンゴル国内の、岩塩の産地を調べましょう。

(つづく)