セガールとイージーミスで起きるダメージおよび回復、そののちの交際について



ほどほど親しい(これから親しくなりたい)女性にちょっと気を利かせたつもりで
「このDVDほしがってたよね」
と渡した包みを彼女が開けると、出てきたのは
スティーヴン・セガール 沈黙の聖戦 特別版』
スティーヴン・セガール 沈黙の聖戦 特別版 [DVD]


女性「え!?」
男性「あ! ごめんそれ自分用の包みだった」
女性「!?」
慌てて言った男性は心のなかで
(しまった、間違ったって言えばよかった……これじゃ「おれセガール師大好き!」みたいじゃん、好きなんだけど、でも「大好き!」とは違うんだ!)
と思い、さらに慌てて
「いや、と、とくに好きってわけじゃないんだけどさ、セガール(呼び捨て)」
女性「え、あたしけっこう好きなんだよ!」


問題:「こんなもの好きな自分ってどうよ」的なものを、好意をもつ女性も好きだったという場合の判断のしどころはどこか。とくにまだ距離感がびみょうな時期において。




今後の展開としては以下がありそう。

  1. それもどうなのとか思いながらも、セガール映画の話題で盛り上がる。
  2. なんとなくちょっとひく。
  3. つぎつぎとセガールテストをくり出す。
  4. 沈黙のふたり。