「あらかじめあったファン空間はマスコミによって作られたお祭り空間とは交わらない」の法則

サッカー絡みでなにも書かないのもアレなので。


ネタもと。
●Niemals-Gasse - 日本代表を馬鹿にして喜んでいる人たちへ
http://d.hatena.ne.jp/Leiermann/20060613/p1

 ですけど、サッカーが好きで、国別対抗戦も好きで、日本以外の代表に文化的アイデンティティを持っているわけでもないのに、日本代表を馬鹿にして嘲笑して喜んでいる人たちって何なんですか。欧州サッカーに精通している自分に酔って、その基準で日本の選手や監督を馬鹿にして悦に入っている人たち。


上記の内容についてはともかく、つぎのような図式みたいなものはあるかもしれません。

  • Aのひとの立場
    • サッカーファン空間にはあまり興味がない。
    • 楽しければいい。スポーツとはそういうもの。
    • 日本代表なんだから応援は当然。
    • Bは少数派。性格が歪んでる。
  • Bのひとの立場
    • お祭り空間のなかで特定の選手を無意味にバッシングしたり、すぐ監督を交代しろとか言ってるのは「素人くさい」ように見える。
    • 祭だからといって日本代表にゲタはかせた評価はしたくない。
    • サッカーファン=日本代表ファンではない。
    • 「お祭り空間」によって自分たちの空間が歪められる危機感。
  • それぞれが別の空間に棲んでいるので、交流がない。

これはたとえばボクシングに置き換えてみてもよさそうです。

関連→ http://sports.yahoo.co.jp/fc/kameda_koki/
「あらかじめあったファン空間はマスコミによって作られたお祭り空間とは交わらない」の法則かもしれません。いろんなところに当てはまりそうです。格闘技とかゲーム機とかカメラとか。
どちらがどうというか、それぞれ交わらない立場なので、お互いあまり干渉しないようにするほうがエネルギーの節約かもしれません。
おそらく「あらかじめ存在するファン空間」のほうが、「お祭り空間」の影響で自分たちの場所が歪められるんじゃないかという危機感を抱きがち→攻撃的な言説、という展開になりやすい気がしますが、ヘビーなファンゆえにできる「よりディープな楽しみ方」を披露したりするほうがそれぞれのためになるんじゃないかと。
一方で「お祭り空間」のひとはその数が多い場合がほとんどだと思うので、「〜で当然」といったようなあたかもそれが常識であるかのような発言をすると、「ファン空間」のひとからすれば「数をかさに着た暴論」に見えそうなのでやめておいたほうが大人です。


おまけ

フリー素材(12KB)。

上で使ったものより見やすくなってます。
使い道があるかどうかは知りません。
適当にアルファブロガーとかハテナーとかエビちゃんとかエガちゃんとか入れるといいと思います。
どうぞご利用ください。


[お祭りのひと][ヘビーのひと][祭と蛇][大人]