あなたのブログは「読み手に顔を覚えてもらえる」ブログですか?

「まぁおいらには関係ない話か……」
とか思ってたんですが、デザインについて。
で、
あなたのブログを最適化する7つの方法、もしくは毎日いくつのブログが新しく作られているか知ってる? - YAMDAS現更新履歴
こちらに出ている「7つのブログ最適化法」のうち、

  1. 見た目の調整に時間をかける(人気ブログはどれもユニークでトレードマークとなるデザインを持っている)

について考えてみます。

初めての訪問者を想定する

だれもがアルファブロガーを目指す必要なんてないのですが、「顔を覚えてもらいたい」という欲求はそれほど不自然ではないと思うのです。毎回会うたびに「えーとだれだっけ?」と言われるのはちょっと哀しくないですか。おれは哀しい。
読み手がそのブログにやってくる方法はさまざまですが、常連ではないひとはたいてい検索か、どこかのリンクからやってきます。
そういった「一見(いちげん)さんぽい」ひとの、読むときの流れはたぶんこんな感じ。

  1. ブログは単一エントリとして表示されることが多い
  2. 読み手はまずそのエントリのみ、読み終える
    1. 通常はここで読み手離脱(ウィンドウorタブを閉じる)
  3. エントリを読み終えてかなり面白い場合、ほかのエントリを探す
    1. サイドバーなどで最近のエントリ、カテゴリなどのリストを見る
  4. さらにほかのエントリを読む
    1. またここで多くの読者が離脱
  5. 気に入って、RSSリーダーなどに登録、常連となる

ここまでを経て、いつも読んでくれる読み手を獲得できるわけで、通常は1〜2、1〜4あたりをくり返すことで「あ、このひと前にも読んだな」という印象を与えることができ、その先に進むことになります。
つまり

  • 1回目で読み手を惹きつけることができなくても、2回目3回目のときに「そういえばこのブログは……」と思わせる必要がある
  • RSSリーダーなどに登録された場合は、見た目はあまり問題ではなくなるので、逆にデザインは「常連ではないひと」を対象にする
    • つまり、「どういったものどういうふうに書いているブログなのか」が簡単にわかるようにする
    • それらがわかるようなものをできるだけ一個所に集める
      • そういう意味ではサイドバーは片側だけのほうがいい
    • わかりやすさを妨げるような要素をできるだけ排除する
      • できるだけシンプルに、余分なものは目立たない場所へ

たとえば見た目こんな感じとか。

やはりトップのバナーやブログタイトルは「顔を覚えてもらう」ためにもそれなりに重要でしょう。
また上記画像にあるように「むだくろ」とか略称をつけておけば覚えられやすいはずです*1


あと、わりとコンパクトな短文であればサイドバー込みであんまスクロールせずに一画面にカチっと収まるようなデザインがいいだろうし、長文なひとはあんまサイドバー読まれない気がするから、トップとボトムにいろいろ置くほうがいいかもしれないし。

ここ「シナトラ千代子」について

自分とこの話ならできるかな、みたいな感じで具体的に羅列。あくまで自分の考えで整えた、ということで、あんまり「デザイン」ではないのですが。また全体のデザインはそれぞれのコンテンツの傾向で決めるほうがいいと思うので、具体的とかいっても、なんかあんま参考にはならないかもしれません。

  • 基本はうなぎの寝床方式(縦に長い)
  • 過去20日のエントリを一覧で表示
  • ブックマークから、過去の人気エントリを表示(Top15まで)
    • 現在のエントリ→過去のエントリ、というタテの流れで誘導
  • トラバとかコメントは個々のエントリに従属するコンテンツなので、サイドバーに表示しない*2
    • サイドバーのコンテンツはメインコンテンツと文脈の統一が図れないので、混乱を招きやすいから
    • サイドバーがひとによって違いすぎる
    • などなどの理由によりサイドバーを廃止(うまい実装案が見つかるまで永久停止)
  • トップのバナー画像は基本的にずっと同じ

ダメなところと言い訳

  • カテゴリが適当すぎ
    • 最近、2種類ぐらいしか使ってない
  • サイドバーにカテゴリがないので、やや不便
    • でもカテゴリそのものが適当なので……
  • なんかバナーの下にボタンがごちゃごちゃある
    • まぁあれは半分以上自分のためなんで……
  • あまりidで呼ばれない(タイトルで呼ばれる)ので、タイトルは今さらいじりようがない

まとめ

上記の内容はあくまで「はじめて来たひとに覚えてもらう」というポイントに絞って書いているわけですが、忘れてはならないのは「おそらく自分のブログに一番足を運ぶのは自分」ということです*3。また「最近のコメント」などが常連のひとにとって重要な場合もあります。
つまり自分の使い勝手もやはりちゃんと考えるべきで、そこらへんの条件との駆け引きがデザインのポイントになるのでしょう。

おまけ

画像て言われても……というかたはこちらとか。
厳選10本!ブログで使えるスグレモノツールまとめ :: Love & Design ::
わたしはよくここ↓から画像もらってきます。著作権フリー画像アーカイブ
Morguefile.com free photographs for commercial use
画像はそんなに大きなものは必要ないですし、タイトルと組み合わせればかなり印象も違います(タイトルが覚えやすいものなら画像は必要ないですし)。


「でもフォトショップとか使わずにどういうふうにバナーをデザインすればいいの?」とか思ったかたは、大熊さん(id:die_kuma)のところに行けば教えてくれるにちがいありません(有料)。

*1:あとあとになって「むだグロ」「無駄に黒いひと」とか呼ばれるようになったりするかもしれませんが。

*2:そもそもサイドバーがない。

*3:携帯から書いてればべつですが。