ネット下流層のFACTAが携帯ネットユーザーを「下流」とあざ笑う滑稽さ

ネット内での文化の軋轢なんて、今さらべつに珍しくもないんですが。

この内ゲバを野次馬根性でみなさんも見守るべし。

http://facta.co.jp/blog/archives/20070302000337.html

それをあたかも上から見るように眺めているFACTA自体が、わりとネットリテラシー低いところにいることに気付いていないという。


とくにこれ。(強調は引用者)

はてなブックマークの傾向を以前から見ていたのですが、明らかに理系・技術系のユーザーに偏重しており、実を言うと生粋の携帯ユーザーと接したことがある人自体が少ない、携帯ユーザーの実態を知らない、という印象があります。

http://facta.co.jp/blog/archives/20070302000337.html

こっちの元記事では

親指入力でどんなに速く入力できても、10本指のキーボードにはかなわない。

http://facta.co.jp/article/200703060.html

こんなこと書いてるけど、PCのキーボード使ってもタイピング遅い人はいくらでもいるし、そういう人に比べたら全然速い携帯ユーザーなんて若い人にいくらでもいます。実態知らないのはどっちなんでしょうか?*1


ネットでは次第に長文そのものが相対的に減少しつつあるし、そもそもmixiなども長文に向いているようには作られていない。これはネットにおいて「長文の読み書き」ではなく、「コミュニケーションの場」という文化が求められているということでしょうし、携帯サイトもその文化のひとつに過ぎないわけです。場所によりけり、という話。チャットで長文書くバカはいないでしょう。
つまり携帯ユーザーの増加は「文化の問題」であって、格差とかの話では全くない。


そしてリテラシーの低さなどはネットでは「今さら」の話であって、べつに携帯に限った話ではない。どこにでもある話。もちろんキーを打つのが速いかどうかはリテラシーとは無関係。


そもそも

これはマイクロソフトのPC用ブラウザーIE」(インターネット・エクスプローラー)ですら最新版で搭載したばかりの高度な機能である。

http://facta.co.jp/article/200703060.html

と、Windows98時代からあったタブブラウザを今さら「高度な機能」と大きな顔で書いているあたり、「デバイド」されてるのはだれのことかと。


自分たちのリテラシーが低いことに気付かずに「格差」を嘆いて他人を笑う、これこそ滑稽。

厨房みたいなつまらない煽りをするぐらいなら、すこしは携帯ネット文化の意味を考える、ぐらいしてみてはいかがでしょうか、FACTAさん。

*1:おそらく携帯の「両手親指打ち」も知らないんでしょう。