若年層のライフスタイル流れ図で見る、家電業界の先行き

このへんで話題になっていたもの。
現在音楽を聞く環境としてミニコンポは少数派/一人住まいの人がネット環境を揃えないのは固定回線を持ってないからではないか - ARTIFACT@ハテナ系

パソコンを買ってない人は、音楽環境として何を使ってるんだ、ミニコンポやラジカセしかないんじゃないか、と不思議になるんだけど、そこで結構携帯電話というのは強いのかもしれない。



図にしてみた。

DVDやゲームはテレビの部分に含まれます*1。当然簡略化ありということで。
ネット用(PC用)に通信インフラを引くかどうかでたぶんPCと携帯のユーザー層はわかれるのではないか、という感じの図になりました。まぁ詳しいことは詳しいひとが詳しく考えてくれることでしょう。


で、これを作って思ったこと。
一番右側のタテの流れが「旧来のAV製品」、その左側のタテの流れが「ネット世代のAV製品」になるのですが、以前はAV同士だけがライバルだったのに今は携帯もPCも相手にしなければならないわけで、やりにくいだろうなぁということ。おまけに図左の「ヘビー携帯ユーザー」が増えると(若年層向け)ネット対応家電のニーズが低下することも考えられるし。
この図で見るとも、AV製品もなんだかかなりニッチな商品に見えてくるので、やはり「それなりに経済的余裕がある層向け」と「携帯にコストをかける層向け」とに二分化していきそうな予感。後者はかなり市場が小さくなりそう。


図にしたら時間がなくなったので以上!
[使い道があったら画像はご自由にどうぞ]

*1:携帯のゲームはネットのところに含まれる。