なぜわたしはビリーズブートキャンプではなく『SNSの研究』を勧めるのか

宣伝。

SNSの研究 あなたはまだ「マイミク」のことが好き?

SNSの研究 あなたはまだ「マイミク」のことが好き?

こちらの本に寄稿させていただきました。イラストもあります(参考→id:mohri:20070609:1181395706)。
いつものアレな調子なわたしの記事はともかく、ブクマでも話題になったような昨今のSNS周辺の話題が活字として記録されている意味というのはあるかもしれないなぁと思いましたよ。ミクシィコミュ乗っ取り事件の経緯とか、mixi以外の新しいSNSらへんの情報とか、手元でざっと読むとネットより案外楽だしわかりやすいし、SNSまわりのことを書きたいひとには資料として価値があるし。


というわけで、SecondLifeで儲けたひととか宝くじで10億当たったひととかは1000冊単位でまとめて買って配ればいいし、そうでないひとはまだmixiをやってない子を誘うための小道具として利用すればいいし、ケーキ代(3個分)とか酒代(ビール3杯分)とか健康遊具代(ビリーズブートキャンプのたった1割!)とかの費用を購入費に充てるだけで即ダイエットにもなるかもしれないし(気分的に)、ぜひモヨリの本屋で手にとってみるがよいです。

ビリーズブートキャンプと『SNSの研究』をへだてる5つの相違点

Web1.0ビリーズブートキャンプと違って、『SNSの研究』は

  1. 寝転がっても利用できる
  2. 電車のなかで鞄から出しても恥ずかしくない
  3. 体重が減らなくてもガッカリしない
  4. マッチョなひとに「きみもビリブーかい?」と話しかけられない
  5. そもそも疲れない

といったように、5つもの利点があります。お勧めです。


ちなみにダイアリーやはてブで「『SNSの研究』欲しい!」と叫んでも『SNSの研究』が抽選で当たるという機能はまだありません。


[ひさしぶりに書いたエントリが宣伝か!]