MacTabletは「MacBook AirとAppleTVが合体したようなもの」になるという予測

Apple製ハードウェアの重さと性能(おもにI/Oとか)を図にしてみた*1
横軸の判断は適当なので、あまり突っ込まないように。

青い矢印はデスクトップ製品*2をつないだもの。
こうやってみると、デスクトップはだんだんとシンクライアント化しつつあるのかなあという気もする。
とすると、ノートのほうはどうだろう。

MacTabletの噂が出たとき、たぶんみんな右上あたりを予想してたんじゃないかと思うのだけれど(図の破線部分)、実際にはそこより左下のあたりに位置するMacBook Airが出た。なのでわりと肩すかし感があったのではないか。「えー軽くもないし代替にもならないしー」みたいな。


とすると。
以下たいへん適当な予測をすると、MacTabletというのもやはりその先、より軽量でより拡張性の低いゾーンらへん、iPodMacBook Airのあいだを埋めるもの、つまりAppleTabletを出すとしたら

  • MacBook AirとAppleTVが合体したようなもの→ネットやメディア視聴に特化したMac

になるのではないか。


え? iPhoneiPod touchがあるって? Jobsがネット使うときにあんな小さな画面で我慢するだろうか? Jobsは自分の子供たちがピクサーの『レミーのおいしいレストラン』を大画面で観ているときにiPodのちいさな画面で『ガンジー』を観たりするだろうか? iPod touchのデモをやっているときにタイプミスした屈辱をJobsが忘れることがあるだろうか?
答えはノーだ。


もし出るとしたら、MacTabletはやはり「大きなiPod touch」になるのではないだろうか。


[ネタ]

*1:MacTabletの0.8kgというのは適当に想定しただけ。

*2:AppleTVをデスクトップと呼ぶのはちょっとアレだけど。