日本のはてブをキモくしている真犯人は

gooブログの某先生は、過去、ブログ紛争への新規参入に先駆けて、「日本のはてな村は世界一キモい」「日本のはてブはキモすぎる」とうそぶき、あまつさえ、実名者に対して匿名のイナゴ呼ばわりまですると言う愚挙を行い、大ひんしゅくを買いました。


とは言え、「日本のはてブはキモすぎる」という意見自体には同意した方も多いのではないでしょうか。だからこそ、ニコ動に数万件というスパムコメントがつき、江原脳がパンクし、餃子の輸送に深刻な遅延を生んだのでしょう。


しかし、日本のはてブがキモい、本当の犯人を皆さんご存じでしょうか。


はてブのキモさは、基本的に「罵倒コメント」と「混雑具合(イナゴ指数)」によって決められています。このうち、「混雑具合」に関しては、はてブユーザーの度重なる拡大で解消され、これによるアクセス上乗せはかなり低いレベルにまで下がってきました。


では、一方の「罵倒コメント」はどうでしょうか。この「罵倒コメント」の中でも、特に大きく占めるのが、実は「罵倒コント風タグ」だと言うことをご存じでしょうか。





このように、罵倒コント風タグが突出しています。


つまり、


日本のはてブがキモい本当の犯人は、クネクネ罵倒、です。






※グラフが見にくいかと思うので、拡大しておきますね。



罵倒コント風タグ」がどんなものかは、みなさんよくご存知かと思いますのでくわしくは書かないでおきます。

ネタ元

こちらからテキストをお借りしました。
日本の携帯を高くしている真犯人は
内容はともかく、煽りテキストとしては悪くなかったと思いました。
アクセスチャージとか知らなかったし。


[おれもひどい][ミニッツメイド]